ここから本文です

花火大会屋台爆発炎上事故から3年 実行委が献花台

両丹日日新聞 8/12(金) 15:27配信

 観客57人が死傷した福知山花火大会屋台爆発炎上事故から15日で3年を迎えるにあたり、大会実行委員会(事務局・福知山商工会議所)は12日、事故現場そばの京都府福知山市の由良川音無瀬橋下流、左岸堤防に献花台を設置した。実行委員長の谷村紘一商議所会頭ら役員が訪れて手を合わせた。献花台は19日まで設ける。

 事故は13年8月15日午後7時30分ごろに発生。実行委員会は被害者救済の話し合いを進めており、亡くなった3人を含む被害者40人と示談が成立したとしている。

 献花した谷村実行委員長は「3年経つが、昨日のことのような思いでいっぱい。亡くなった方のご冥福をお祈りし、残る被害者救済への話し合いも一日も早くと念じています」と話した。

 NPO法人が21日に河川敷で花火を打ち上げることについては、「商議所がやるのだと批判の電話もいただき、そうではないと説明させていただいた」と話した。

 今後の福知山花火大会については「心では復活をしたいとも思うが、こんな状況のもとでの開催はできるものではない」との姿勢を示し、慰霊碑については「亡くなった方が望まないという意見が多く、無視はできない」とした。

16日に犠牲者の冥福を祈る法要

 犠牲者3人の冥福を祈る法要が、16日午後5時から、福知山市中ノの市厚生会館で営まれる丹波大文字法要と併せて行われる。福知山商工会議所、市仏教振興会、丹波大文字保存会が主催する。

両丹日日新聞社

最終更新:8/12(金) 15:27

両丹日日新聞