ここから本文です

台風6号 お盆期間に北海道接近のおそれ

ウェザーマップ 8月12日(金)10時34分配信

 台風6号は今後も北上を続け、15日(月)頃に北海道の東部に近づくおそれがある。また、太平洋沿岸では次第に波が高くなるため、高波に注意が必要となる。

 台風6号は、12日午前9時現在、南鳥島の北東にあって、1時間に30キロの速度で北北東へ進んでいる。中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。

 台風6号は今後も発達しながら北上を続ける見通しで、15日(月)には北海道の東部に近づくおそれがある。この台風の北上に伴って、太平洋沿岸には次第にうねりが届き、波が高くなることが予想される。お盆期間中の海のレジャーや海水浴は、うねりを伴った高波に注意が必要だ。

最終更新:8月12日(金)10時41分

ウェザーマップ