ここから本文です

つるの剛士、第5子の誕生に「コンプリートした」。子供の驚きの名付け方法明かす

E-TALENTBANK 8月12日(金)17時30分配信

11日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」でつるの剛士が子どもたちの名前の由来や、第5子誕生にいたる話を語った。

6月に次男の「絢斗」くんが誕生したつるのは、1カ月間の育休を取得。第4子が生まれた際にも、2カ月間の育休を取っていたという。毎朝4人分のお弁当を作り、娘のヘアセットや洗濯まで、奥さんのかわりに全ての家事をこなす“イクメン”っぷりにスタジオは騒然。ダウンタウンの浜田雅功も「つるのはやっぱすごいね」と感心した様子を見せていた。

一方でダウンタウンの松本人志は「マジなの? 本当にマジなのね、来週くらいに文春とかいやよ?」と絵に描いたようなイクメンパパを見せつけられたからか、いらぬ心配をするが、つるのは「ないないないない」と大笑いし、「元々5人作る予定だったので」と話を続けた。

浜田が子どもを5人作るこだわりについて質問すると「『あいうえお』って名前に付けていたんですよ。母音を『あいうえお』順で、詠斗、うた、おと、いろって。『あ』が全然来なくて…」と返答し、「それで犬を飼ったんですけど、その犬に『アグ』って名前を付けちゃったんですよ。『これでおしまいだ!』と思ってたらようやくコウノトリさんが来てくれて。5人コンプリートしたんで」と、5人目の誕生を嬉しそうに語った。

そんな順風満帆なつるのに、松本は「で、犬は捨てたの?」とボケを投下しスタジオは大爆笑に。これに対しつるのは「捨てません! 犬も大事にしています」と笑顔で対応していた。

最終更新:8月12日(金)17時30分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。