ここから本文です

GLIM SPANKY松尾レミ「心にすっと音が入ってくるスピードが違う」

MusicVoice 8月12日(金)16時23分配信

 音楽ユニットGLIM SPANKYが、10月26日に2ndアルバム『Next One』のアナログ盤を数量限定で発売する。アナログ盤の発売に関し、松尾レミ(Vo、Gt)は「心にすっと音が入ってくるスピードが違うので是非聞いて欲しい」とコメントした。

 アナログ盤『Next One』は1000枚限定商品となる。アナログ盤という良質の音源で、既に9つものCMで歌唱を担当する松尾の日本人離れしたハスキーな歌声を聴ける。

 アナログ盤の発売に対して、松尾は「レコードの音で育ってきたくらい、親しみのあるものなので、ついにLP盤をリリース出来て嬉しいです! やっぱレコードっていいよね! 心にすっと音が入ってくるスピードが違うので是非聞いて欲しいし、レコード聴かない方もこれをきっかけに触れてみるのも楽しいよ!」とコメント。

 亀本寛貴(Gt)は「自分もアナログレコードを聴く人間として、この時代に自分の音源をアナログ盤でリリースできる事がとても嬉しいです。自慢のオーディションで堪能するも良し、大きなジャケットを飾るも良し、皆さんそれぞれの方法で楽しんで下さい!」とコメントした。

 彼らは、12日にテレビ朝日系『ミュージックステーション』に生出演し、「怒りをくれよ」を歌唱する。同曲は、映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌で話題となっている。

 また、GLIM SPANKYは9月22日の長野を皮切りに、全国13か所で開催される、全国ツアー『Next One TOUR 2016』を開催する。

最終更新:8月12日(金)16時23分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。