ここから本文です

尾道を水陸両用機でふわり。「せとうちディスカバリーフライト」が運行開始

sorae.jp 8月12日(金)13時0分配信

美しい瀬戸内海を一度、こんなふうに飛んでみたいと思っていました。株式会社せとうちSEAPLANESは10日、日本では半世紀ぶりとなる水陸両用機による遊覧飛行「せとうちディスカバリーフライト」を開始しました。
 
せとうちディスカバリーフライトでは尾道水道や村上海賊ゆかりの芸予諸島を約50分かけて周遊します。そのルートは尾道水道から因島、生口島 (サンセットビーチ)、多々羅大橋、能島、岩城島・生口島の間、因島 地蔵鼻、尾道水道をめぐるというもの。尾道の良さをまるっと堪能できるプランです。

遊覧には水陸両用機「KODIAK 100」を利用。KODIAK 100はパイロット席を含んで最大10座席の機体で、低空でも安定した飛行が可能だとしています。最大巡航速度は300km/hで航続距離は500km~1,000km、最大離陸水重量は3,290kgとなっています。
 
10月1日以降の通常搭乗価格は大人が平日3万2000円、土日祝日が3万7000円、特日が4万2000円で、子供が平日2万2400円、土日祝日が2万5900円、特日が2万9400円。また9月30日までは大人が平日2万4000円、土日祝日が2万9000円で、子供が平日1万6800円、土日祝日が2万300円とお安くなっています。さらに、Webから申し込むと5%価格が割り引かれます。

運行ダイヤは一日4便を予定しています。
 
せとうちディスカバリーフライトの予約はWebからか、あるいは電話番号:0848-70-0388 (09:30-17:00)までどうぞ。またアクセスは広島県尾道市浦崎町1364-6の近くに位置するオノミチフローティングポートからになります。
 
僕的にはアニメ「紅の豚」を思い出してしまうこの水陸両用機による遊覧飛行、広島県に立ち寄った際には一度楽しんでみたいものです。

最終更新:8月12日(金)13時0分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]