ここから本文です

【速報】ダニエル太郎 逆転負けで五輪8強逃すも、ジョコビッチ破った元世界4位に善戦<男子テニス>

tennis365.net 8月12日(金)1時19分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は11日、テニスの男子シングルス3回戦が行われ、世界ランク117位のダニエル太郎(日本)は初戦で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を破った元世界ランク4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に7-6 (7-4), 1-6, 2-6の逆転で敗れ、ベスト8進出を逃した。

【錦織vsマーティン 1ポイント速報】

両者の3回戦は大会5日目の10日に行われる予定だったが、雨による悪天候の影響で11日へ順延した。

この日、ダニエル太郎はデル=ポトロのフォアハンドの強打を封じるためにバックハンド側へボールを集めて互角の打ち合いを見せるも、第3ゲームでブレークを許した。その後は第8ゲームでブレークバックし、タイブレークの末に第1セットを先取。

しかし、第2セットは第2ゲームでブレークを許すと流れがデル=ポトロに傾き始め、その後は挽回することが出来ず、3回戦で力尽きた。

ダニエル太郎はR・フェデラー(スイス)らが欠場したため、繰り上がりで杉田祐一(日本)と共にオリンピック初出場が決まっていた。

1回戦は第14シードのJ・ソック(アメリカ)を破る番狂わせを起こし、2回戦ではK・エドモンド(英国)に勝利して3回戦へ駒を進めていた。

一方、勝利したデル=ポトロは、準々決勝で第10シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と対戦する。バウティスタ=アグは3回戦でG・ミュラー(ルクセンブルグ)をストレートで下しての勝ち上がり。

1回戦では第1シードで世界ランク1位のジョコビッチをストレートで破ったデル=ポトロは、2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)3位決定戦でもジョコビッチに勝利し、銅メダルを獲得している。

グランドスラムは2009年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制し、世界ランキングでは2010年に自己最高の4位を記録。近年は手首の故障に悩まされていたが、今年2月に復帰した。

また、同日には日本勢から第4シードの錦織圭(日本)が世界ランク121位のA・マーティン(スロバキア)と3回戦で対戦する。

tennis365.net

最終更新:8月12日(金)1時19分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]