ここから本文です

今夜はペルセウス座流星群がピーク 今年は好条件

ウェザーマップ 8月12日(金)15時37分配信

 今夜は三大流星群の一つ、「ペルセウス座流星群」がピークを迎える。きょう12日は全国的に晴れている所が多いが、夜にかけても晴天の続く所が多く、夜空を見上げるのにも絶好の夜となりそうだ。

◆多い所では1時間に45個程度

 国立天文台によると、今年のペルセウス座流星群は条件がよく、多い所では1時間に45個程度の流星が見られる可能性があるという。流星群が極大となるのは今夜22時頃で、あす13日未明にかけてが見頃となる見込み。夜半過ぎには月明かりの影響もなくなるため、街灯が少ない場所で空を広く見渡せば、流れ星を観測できるかもしれない。
 ただ、東日本や西日本では夜もあまり気温が下がらず、熱帯夜になる所が多いため、熱中症には注意が必要だ。

最終更新:8月12日(金)15時37分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。