ここから本文です

【高校野球】10年連続の聖光学院が初出場のクラークを8回逆転で破る

Full-Count 8月12日(金)10時19分配信

8回に一挙4得点、2点差逆転

 12日に行われた98回夏の甲子園大会6日目、第1試合は10年連続13回目の福島・聖光学院が初出場の北北海道・クラーク記念国際に5-3と逆転勝利した。

21世紀の甲子園優勝校

 聖光学院打線は7回までクラークの背番号6のサイド右腕、平沢津がキレのある球に封じられていたが、8回に仕留めた。四球や安打、送りバントの相手失策で満塁とすると5番の小泉が走者一掃の三塁打で2点差を逆転。西川の犠飛でさらにリードを広げた。

 クラークは平沢津が打つ方でも序盤、非凡なセンスを発揮。初回に右翼へ二塁打を放つと、4番の安田がタイムリー。3回も三塁打を放ち、安田が返すなど得点したが、相手の勢いを抑えられなかった。8回にもクラークは追撃のチャンスを作ったが、一塁走者の平沢津に打球が当たってアウトになる不運なプレーもあり、得点できなかった。

 駒大岩見沢監督として指揮を執っていた佐々木啓司監督が就任し、通信制(全日制)の学校で野球を強化し、初出場を遂げたが、あと一歩で勝利を手にできなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月12日(金)19時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]