ここから本文です

鍛冶屋チームが「ドラゴンボールZ」トランクスの剣を制作

ギズモード・ジャパン 8月12日(金)20時40分配信

技術的には和と洋の融合でした。

鍛冶屋チームが今回手がけたのは、マンガ/アニメ「ドラゴンボールZ」で未来から訪れたトランクスがフリーザを一刀両断し、劇場版アニメで勇者タピオンから譲り受ける様子が描かれた勇者の剣。

斬れ味がメチャメチャ鋭いこの剣は、トランクスの剣技と相まって「DBZ」ファンたちが憧れる一振りのようです。一見するとシンプルな洋風の長剣ですが、実際に作るとけっこう複雑だったことがわかりました。

こちらはAWE meからの動画(https://youtu.be/PGFW4japOoI)でした。

チーム内で1年以上も作るかどうかが検討され、やっと着手に至った一品だそうです。定規と並べた刀身はおよそ35インチなので、ほぼ89センチの長さの模様。

まず機械で大まかな形に仕上げたら、手作業によりハンマーで少し幅を広げ、諸刃と切っ先を削っていきます。熱処理後の冷却ではこのような湯気も。

見た目は西洋の剣のようですが、日本刀の技術も多く盛り込み、刀身が抜けないようにストッパーの役目をするハバキをつけ、別途作っていた鍔(つば)も合体させます。

最後は木片を削った柄(つか)に柄巻(つかまき)をグルグル巻いて、これまた別途削っていた柄頭(つかがしら)を合体させれば完成です。

魔人ブウも真っ二つにするほど斬れ味バツグンな剣に仕上がっています。もし現実世界でトランクスほどの猛者がこの剣を持っていたら、本当に人のカラダをいともカンタンに切り裂けそうです……。

source: YouTube (岡本玄介)

最終更新:8月12日(金)20時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]