ここから本文です

【映像】104年ぶり快挙 五輪発祥の地ギリシャ代表選手が凱旋帰国

アフロ 8月12日(金)20時38分配信

 リオデジャネイロ五輪のエアピストル競技2種目でメダルを獲得したギリシャ代表アナ・コラカキ(20)が11日、ギリシャに凱旋帰国した。コラカキはエアピストル10メートルで銅メダル、25メートルで金メダルを獲得し、五輪発祥の地ギリシャ代表選手では1912年ストックホルム五輪以来、104年ぶりとなる1競技で2つ以上のメダルを獲得したオリンピアンとなった。

 五輪発祥の地ギリシャでは1912年ストックホルム五輪に出場したコンスタンティノス・ツィクリティラスが、立ち幅跳びと立ち高跳びの1競技2種目でメダルを獲得して以来だれも達成していなかった。

(ギリシャ、テッサロニキ、11日 映像:Newsflare/アフロ)

最終更新:8月12日(金)20時38分

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。