ここから本文です

阪神・藤浪、痛恨ミスで白星逃す 金本監督も“コメントできず”

Full-Count 8月12日(金)10時51分配信

自らのミスで同点に、自己ワースト8敗目

 一つのミスから白星はスルリと逃げていった。阪神・藤浪晋太郎投手が11日の広島戦(マツダスタジアム)に先発。7回5安打5失点(自責1)で8敗目を喫した。自らのエラーが起点となり逆転負けを喫した右腕は「自分のミスからなんで、もったいない」と唇をかんだ。

 6回まで2安打1失点の好投を見せていたが試合の分岐点は2点リードで迎えた7回だった。鈴木、安部の連打で一、二塁とすると會澤の犠打を藤浪が一塁へ悪送球。二走の鈴木が一気に生還し同点に追いつかれた。

 さらに1死二、三塁から田中の一ゴロをゴメスが 足を滑らせ本塁へ悪送球し2点が入り一気に逆転。好投から一転、この回に出た2失策で試合を引っ繰り返された。

 まさかのミスで逆転負けを喰らい、広島相手に5カード連続で負け越しとなった。これには金本監督も「コメントのしようがないね」と呆れ顔。プロワーストタイの8敗目を喫した藤浪も「ボール自体も悪くなかったし、内容もよかった。それだけに自分のつまらないミスで負けてしまって申し訳ない」と猛省するしかなかった。難敵・広島との今季対戦成績はこれで6勝15敗となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月12日(金)11時12分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]