ここから本文です

富山高校演劇部のOGら 平和の尊さ訴え あす上演/富山

チューリップテレビ 8月12日(金)20時39分配信

 戦後71年目の「終戦の日」を前に、富山市では、13日、富山高校演劇部のOGによる朗読劇が行われます。25年続く公演では、一貫して、「戦争を起こさせない」という平和への願いを伝え続けています。

 毎年夏に朗読劇を上演しているのは、富山高校演劇部OGと、顧問をしていた和田雄二郎(わだ・ゆうじろう)さんで作る「とやま朗読劇の会」です。
 会では、平和の尊さを訴える朗読劇を、25年にわたって上演し続けていて、今年も、先月亡くなった永六輔さんの詩や、沖縄の小学生が書いた平和の詩などを朗読し、戦争の悲惨さとおろかさ、平和への願いを訴えます。
 この朗読劇は、13日午後1時からと4時からの2回、富山市の県民小劇場オルビスで上演されます。

チューリップテレビ

最終更新:8月12日(金)20時39分

チューリップテレビ