ここから本文です

錦織 五輪4強かけ準々決勝は世界11位モンフィスと対戦、過去2連勝<男子テニス>

tennis365.net 8月12日(金)5時10分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は11日、テニスの男子シングルス3回戦が行われ、第6シードのG・モンフィス(フランス)が第9シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-7 (6-8), 6-3, 6-4の逆転で下して8強入り。この結果、第4シードの錦織圭(日本)はベスト4進出をかけて、準々決勝で世界ランク11位のモンフィスと対戦することが決まった。

【錦織ら男子シングルス対戦表】

両者は今回が3度目の対戦で、過去は錦織の2連勝。今年のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)準々決勝ではマッチポイントをしのぎ、錦織が逆転で勝利した。

今シーズン好調のモンフィスは、4月のモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッド クレー、ATP1000)でマスターズ初の決勝進出、7月のシティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、ATP500)では約2年半ぶりのツアー優勝を果たした。

今大会は1回戦でV・ポスピシル(カナダ)、2回戦でR・デュトラ・シルバ(ブラジル)、3回戦でチリッチを下しての勝ち上がり。

一方、錦織は1回戦でA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、2回戦でJ・ミルマン(オーストラリア)、3回戦でA・マーティン(スロバキア)に勝利し、2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)に続き五輪2大会連続のベスト8進出を決めている。

日本テニスのシングルスでのメダル獲得は、1920年のアントワープ・オリンピック(ベルギー/アントワープ)で熊谷一弥(日本)が獲った銀メダルが最後で、錦織は96年ぶりのメダルを狙う。

錦織とモンフィスの勝者は準決勝で、第2シードのA・マレー(英国)と第12シードのS・ジョンソン(アメリカ)のどちらかと対戦する。

tennis365.net

最終更新:8月12日(金)5時15分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。