ここから本文です

【高校野球】松山聖陵アドゥワ、187球熱投もサヨナラ負け 北海は22年ぶり夏勝利

Full-Count 8月12日(金)13時30分配信

熱戦は9回サヨナラで決着

 12日に行われた第98回夏の甲子園大会6日第2試合で、37回出場の南北海道・北海が初出場の松山聖陵を9回サヨナラ、2-1で下した。

21世紀の甲子園優勝校一覧

 先制したの北海。松山聖陵のエース右腕で、ナイジェリア人の父、日本人の母を持つ長身右腕アドゥワ誠に対し、2回に2死一、二塁とチャンスを作ると2番菅野が中堅へ先制タイムリー。その後は北海のエース大西とアドゥアの投げ合いになった。

 6回には松山聖陵が反撃。四球で出た3番河端を塁に置き、4番の稲葉がタイムリー三塁打。試合を振り出しに戻した。

 迎えた9回、北海は2死一、三塁から1番の小野がサヨナラタイムリー。北海は22年ぶりの夏勝利となった。注目の右腕・アドゥワの球数は187球の熱投を見せたが、最後の最後で力尽きた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月12日(金)19時9分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。