ここから本文です

Appleはやっぱり「全面ガラスiPhone」に本気みたい

ギズモード・ジャパン 8月12日(金)23時40分配信

いっちょやったりますか!って感じみたい。

たびたび噂として出てくる「全面ガラスのiPhone」。「すぐ壊れそう」とか「ないない、むりむり」とか、いまひとつな声があがっていますが、Appleは本気みたいです。Appleの新特許からその本気ぶりが伝わります。

ネタ元のPatently Appleが第一報を出して話題となっているこの全面ガラスiPhoneの特許。

注目すべきは「ヴァーチャルボタン」とやらがあるエッジ部分。特許書類における「エッジディスプレイ」の解説は、少々込み入って複雑に書かれていますが、要は、端末側面がディスプレイとして機能し、ここにタッチ操作できるメニュー(=ヴァーチャルボタン)がつくというのです。

書類にある図を見ると、スクリーンの端が曲線ディスプレイになっているパターンと、曲線ではなく側面に別のディスプレイがつくパターンとがあるようですね。また、エッジディスプレイのメニューはカスタマイズが可能で、例えばメッセージアプリ、カレンダー、カメラアプリなどへのショートカット、カメラアプリのフラッシュオン/オフなど、好きに設定できるようです。

エッジディスプレイ…。端末前面からサイドへのディスプレイ…。なんか既視感あると思ったら、Samsung Galaxy S6 Edgeですね。まぁ、大きな違いをあげるとすれば、サイドに個別ディスプレイがつく曲線ではないパターンがあるということでしょうか。ヴァーチャルボタンは、Macbookの特許で見たキーボードコンセプト(キーボードがタッチパッドに置き換わる)を思わせ、今のAppleデザインチームのトレンドとなっているようです。

特許=製品化ではないのは百も承知です。でも、やっぱりAppleは全面ガラスiPhone考えてるんだな、というね。現実となる可能性があるなというね。一部では、革新的なデザインチェンジとなる全面ガラスiPhoneは、2017年のiPhoneアニバーサリーイヤーに出るのではと期待する声も。

なんだかんだ、みんな好きねぇ、iPhoneが。

image by USPTO
source: Patently Apple, USPTO
Michael Nunez - Gizmodo US

最終更新:8月12日(金)23時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]