ここから本文です

高橋尚成氏が語る日米球界を経て得た結論、そして巨人優勝のカギは?

Full-Count 8/12(金) 14:03配信

日米両球界を経験して得た結論「アメリカの野球は、そんな敷居の高いものじゃない」

 8月5~7日に宮城県石巻市で開催された「MLB CUP 2016」。全国の予選を勝ち抜いた小学4、5年生で構成されるリトルリーグ16チームが、2日間にわたる決勝トーナメントを戦った。真剣勝負を楽しむ子供たちの様子を見守ったのが、元メジャーリーガーで巨人でも活躍した高橋尚成氏だ。野球教室やトークショーで子供たちと触れあい、同時に保護者や指導者たちにもメッセージを送った2日間。技巧派左腕として日米両球界を渡り歩いた高橋氏に、イベントを通じて子供たちに伝えたいメッセージ、そして逆転優勝を狙う古巣巨人について話を聞いた。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

――MLBジャパンの主催で行われた「MLB CUP 2016」。こういったイベントが開催されることの意義、それに関わることが高橋さんにとってどんな意味を持つのか教えてください。

高橋尚成(以下、高橋):子供たちに「アメリカの野球はそう遠いものじゃないんだよ」っていうのを知らせるのには、すごくいい機会だと思いますね。日本人って、野球に限らず、アメリカの存在をすごく上に見ているような部分がある。でも、そうじゃないんだよ、と。日本もアメリカも同じ並びの中にあって、例えば、高校や大学から、直接アメリカに行くっていう選択肢もあるんじゃないか、と。そんなに敷居の高いものじゃないんだっていうことを、子供たちに知らせることができたらいいな、と思いますね。

――日米両方をご自身が経験したからこそ伝えられることでしょうね。

高橋:そうかもしれません。自分がメジャーに行って感じたのは、もっと若い時に行きたかった、ということ。実際に野球をやってみて、そんなに差はないと思ったんです。だからこそ、もっと若い時に行きたかったな、と。大人になってから行くのと、子供の頃に行くのでは、やっぱり感じ方が全然違うと思うんです。例えば、このMLB CUPで優勝したチームがアメリカ遠征に行けるとか、今後そういった形で広がっていくと、子供たちもより大きな目標を持つことができるでしょうね。

1/3ページ

最終更新:8/12(金) 14:05

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]