ここから本文です

ナダルがミックスダブルス棄権 [リオ五輪テニス競技]

THE TENNIS DAILY 8/12(金) 15:00配信

「リオデジャネイロ五輪テニス競技」(8月6~14日/オリンピックテニスセンター:バーハ・オリンピック・パーク/ハードコート)の大会6日目。男子シングルス、男子ダブルス、ミックスダブルスの3種目をプレーする日程が課せられたラファエル・ナダル(スペイン)が、ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)とのミックスダブルスを棄権した。

ミックスダブルスのドロー発表 [リオ五輪]

 ナダルの長い一日は、シングルスの最初のポイントをプレーした午前11時過ぎから始まった。ジル・シモン(フランス)を7-6(5) 6-3で破ったあと、2時間弱休んだナダルはマルク・ロペス(スペイン)と組んだ男子ダブルスで準決勝をプレーし、7-6(1) 7-6(4)でこれにも勝って、決勝に進出。スペインのために少なくともひとつ、メダルを確保した。

 しかしナダルにとって、これがこの日のプレーの限界だったようだ。彼はミックスダブルスの1回戦をプレーするため夕方にふたたびラケットを取るはずの時間の直前に、同種目からの棄権を決めた。8年前の北京五輪のシングルスで金メダルを獲り、2012年のロンドン五輪をケガで逃したナダルは、リオ五輪でその雪辱を果たしたいと語っていた。

 最後の最後にプレーできる3種目に出場し続けないことを決めたため、彼の体調に問いを投げる者もいるかもしれない。しかしコート上にいるときの彼はここまでのところ、2ヵ月半の休養を強いた左手首の問題を感じさせないプレーを見せている。

「これは僕にとって容易なシーズンではなかった」とナダルは言った。「2週間前には、オリンピックに出られるかさえ定かではなかったんだ。ここ2ヵ月はまったくといっていいほど練習ができない状態だったからね」。

 水曜日に降った雨のおかげでナダルやそのほかの選手も一日休むチャンスを与えられたが、ナダルは木曜日のシングルス3回戦でシモンを撃破するのに2時間2分かかった。また、コート上では強い風が舞っていてショットコントロールを難しくし、さらにコートサイドでは看板が繰り返し倒れるほどだった。

「終わってみれば、ナダルは変わらぬ彼だったよ」とシモン。「彼は決してまずいポイントを3、4本続けはしなかった」。

 ミックスダブルスと言えば、アンディ・マレー(イギリス)は当初、出場しないはずだったが、モニカ・ニクレスク/フローリン・メルギア(ルーマニア)が直前に棄権したため、ヘザー・ワトソン(イギリス)と組んでナイトマッチをプレーすることになった。マレーとワトソンはカルラ・スアレスナバロ/ダビド・フェレール(スペイン)を6-3 6-3で倒し、2回戦に進出した。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:8/12(金) 15:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]