ここから本文です

タイ各地で計8件の爆発、4人死亡 スラタニやプーケット島でも

AFPBB News 8月12日(金)12時43分配信

(c)AFPBB News

【8月12日 AFP】タイで11日から12日にかけて24時間で計8件の爆発があり、これまでに少なくとも4人が死亡した。当局が発表した。

 タイ中部にある人気観光地ホアヒンでは11日夜に立て続けに2件の爆発が発生し、1人が死亡、20人以上が負傷した。地元当局者によると、12日にも新たに2件の爆発が起き、1人が死亡、3人が負傷した。

 12日にはさらに南部のプーケット(Phuket)島で2件、リゾート島への経由地に当たるスラタニ(Surat Thani)県で1件の爆発がそれぞれ発生。スラタニ県の爆発では2人が死傷した。また11日はトラン(Trang)県でも1件の爆発があった。

 スラタニ県の知事によると、水上警察署前の花壇に隠されていた爆弾が爆発し、県職員の女性が死亡、男性1人が負傷した。県知事はAFPの取材に、ホアヒンでの爆発事件と関連があるとの見方を示した。ホアヒンはスラタニ県から数百キロ北方にある。映像はホアヒン。(c)AFPBB News

最終更新:8月12日(金)12時43分

AFPBB News