ここから本文です

ケルバーら 五輪女子シングルス4強出揃う<女子テニス>

tennis365.net 8月12日(金)12時55分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は大会7日目の11日、女子シングルス準々決勝が行われ、第2シードのA・ケルバー(ドイツ)が第10シードのJ・コンタ(英国)を6-1, 6-2のストレートで下して4強入り。同日にはその他準々決勝が行われ、ベスト4が出揃った。

この試合、コンタの43本のミスに対して11本のミスに抑えたケルバーは、主導権を握り、11度のブレークチャンスから6度のブレークに成功して1時間4分で勝利。ドイツ勢女子で1998年のバルセロナ・オリンピック以来となるメダル獲得に王手をかけた。

準決勝では、M・キーズ(アメリカ)と対戦する。両者は今回が6度目の対戦で過去はケルバーから4勝1敗と勝ち越している。

【女子シングルス準決勝 対戦組み合わせ】

(11)P・クヴィトバ(チェコ共和国) vs M・プイグ(プエルトリコ)

(7)M・キーズ vs (2)A・ケルバー


【女子シングルス 準々決勝結果】

(10)J・コンタ 1-6, 2-6 (2)A・ケルバー

(7)M・キーズ 6-3, 6-1 D・カサキナ(ロシア)

(15)E・スイトリナ(ウクライナ) 2-6, 0-6 (11)P・クヴィトバ

M・プイグ 6-1, 6-1 L・シゲムンド(ドイツ)

tennis365.net

最終更新:8月12日(金)12時55分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。