ここから本文です

32歳の鉄壁CBはマンUへ移籍しない? サウサンプトン指揮官「彼が離れるとは思えない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月12日(金)14時40分配信

CBの残留を望むピュエル監督

イングランドのサウサンプトンを率いるクロード・ピュエル監督が、ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテの退団を否定している。

フランスで開催された先のユーロ2016ではレアル・マドリードのぺぺと共に鉄壁の守備ラインを形成し、ポルトガルの優勝に大きく貢献していたフォンテ。急激に評価が高まっている32歳のCBに対しては、同胞のジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドを含む多くのクラブが関心を示しているとされ、今夏の去就に大きな注目が集まっている。しかしながら、今季より新たにチームの舵取りを任されたピュエル監督は最終ラインを統率するベテランの残留を示唆した。英『sky SPORTS』が同監督のコメントを伝えている。

「私はジョゼがこのチームを離れる可能性があるとは思えないね。ピッチでプレイしているときの彼を見ると、常に高いプロ意識を示しているのが分かる。日々、素晴らしく模範的な態度で臨んでいるよ。開幕戦に彼がスターティングメンバーとして出場するかどうかは分からない。様子を見る必要がある。移籍マーケットというものはチームにとってもプレイヤーにとっても難しいものだ。多くのクラブが優秀な選手に関心を示すのは至って自然なことだからね」

13日にとうとう開幕するイングランドプレミアリーグ。果たしてサウサンプトンは守備の要をチームにとどめることができるだろうか。今後の展開に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月12日(金)14時40分

theWORLD(ザ・ワールド)