ここから本文です

打球が膝に直撃の楽天・安樂、6回途中3失点と力投も今季初勝利ならず

Full-Count 8月12日(金)20時17分配信

3回に打球が右ヒザ直撃、粘投したが同点で降板

 楽天の安樂智大投手が12日の日本ハム戦(コボスタ宮城)で今季5試合目の先発。6回途中3失点で今季初勝利はならなかった。

 3回2死で西川の強烈なピッチャー返しが右膝付近に直撃。気合十分で続投したが、2点リードの4回に中田の左翼線適時二塁打、市川の右前適時打で同点。再び1点勝ち越した直後の6回は田中賢、陽岱鋼、レアードの3連打で無死満塁のピンチを招き、続く市川に同点の右犠飛を浴びたところで降板となった。

 5回1/3で105球を投げて、7安打3四球3失点。最速146キロの直球にはキレがあり、6三振を奪った。勝ち負けは付かなかったが、今後へつながる投球となったに違いない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月12日(金)20時17分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]