ここから本文です

[移籍]乾同僚のエースがクラブ史上最高額でスウォンジーへ 魅惑のスペインコンビ結成か

theWORLD(ザ・ワールド) 8月12日(金)16時0分配信

土曜にもデビュー

スウォンジーがアトレティコ・マドリードからスペイン人FWボルハ・バストンを4年契約で獲得した。クラブ公式サイトが発表している。移籍金には1550万ポンドを費やしたと発表されており、ボニーを超えてクラブ史上最高額での獲得となった。

昨季はレンタル先のエイバルで乾貴士とともにプレイしたボルハ・バストン。18ゴールを挙げ、チームのエースとして残留に大きく貢献したが、アトレティコ・マドリードに戻ることはかなわず、プレミアリーグに挑戦することとなった。今回の移籍に際して同選手は以下のようにコメントしている。

「ここに来れてうれしいよ。チームに早く貢献したいね。キャリアで最も重要な決断だったし、何年もここで過ごしたいね。ここでスペイン人選手は多く成功をつかんできたが、僕も同じようになりたい。今週の土曜の試合にも出場したい。監督が僕をメンバーに含むかどうか話さなければならないけどね」

また、背番号には10を与えられている。すでにスペイン代表FWジョレンテも獲得しているスウォンジーだけに、前線で魅力的なスペインコンビを見ることができそうだ。

最終更新:8月12日(金)16時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。