ここから本文です

災難続きのバルサMFがレアルのCL優勝祝福写真に“イイネ”! その真相とは……

theWORLD(ザ・ワールド) 8月12日(金)21時0分配信

災難が続くトゥラン

昨夏にアトレティコ・マドリードからバルセロナへと加入したトルコ代表MFアルダ・トゥランがハッカーによる被害に遭い、自身のTwitterアカウントを短時間乗っ取られてしまったと話している。

事の発端はトゥランが9日、某Twitterユーザーによるレアル・マドリードの11度目の欧州制覇を祝福するかのような画像付きツイートに“イイネ”を押したことから始まった。その写真にはレアルのユニフォームの袖部分に縫い付けられたエンブレムが写っており、中心には「11」というマドリディスタにとって縁起の良い数字が入れられている。バルササポーターはあたかもライバルのレアルによる欧州制覇を祝っているかのようなトゥランの行為に怒り心頭。しかしながら、“イイネ”を押したのはトゥランではなくハッカーの仕業だったようだ。トゥラン本人が同SNSで釈明している。

「2日前、僕の(Twitterの)アカウントが少しの間乗っ取られてしまった。その間にひとつのリツイートと、ふたつの“イイネ”が勝手に成されてしまった」

先日はレアルの若手FWボルハ・マジョラルも同様の被害に遭い、意図しないツイートが勝手に流れてしまったと明かしていた。

バルセロナでは定位置を奪うことに苦しみ、先のユーロ2016でもその低調なプレイぶりに多くの批判が集まったトゥラン。彼にとってこの半年は非常にハードな時期が続いていると言えるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月12日(金)21時13分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報