ここから本文です

オランダの将来担うデパイはマンUでもう1度復活できるのか 英紙はまだチャンスがあると期待

theWORLD(ザ・ワールド) 8月12日(金)21時10分配信

昨夏期待されて加入したが……

昨夏オランダのPSVから期待を受けてマンチェスター・ユナイテッドに加入したFWメンフィス・デパイは、想像と全く違うシーズンを過ごすことになってしまった。今夏にはウイングでプレイできるヘンリク・ムヒタリアンまで加わり、デパイは放出されるのではとの予想もあった。

しかし、指揮官ジョゼ・モウリーニョが選んだトップチームの中にデパイの名前は入っていた。英『Daily Mail』もまだデパイに可能性は残されていると伝えており、オランダ期待のサイドアタッカーには復活のチャンスがある。

しかし道のりは険しく、デパイは先日おこなわれたコミュニティシールドのレスター・シティ戦でもベンチには入っていない。 モウリーニョはこれと似たメンバーで開幕戦に臨むはずで、デパイはベンチに入るのも一苦労だ。

ただし、レスター戦ではMFファン・マタが後半途中から出場したにも関わらず試合終了間際に交代させられる事態があった。これを受けてプレミアリーグの各クラブがマタの動向を注視していると言われており、マタとモウリーニョの関係に注目が集まっている。

仮にマタが構想外となればデパイにもチャンスは巡ってくるはずで、同メディアはデパイがトレーニングでアピールを続ける必要があると復活に期待している。デパイは自身を追い抜いていったアントニー・マルシャル、マーカス・ラッシュフォードらを抜き返すことができるのか。今季は非常に重要なシーズンとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月12日(金)21時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]