ここから本文です

ゲッツェの古巣復帰を擁護するリベリ「俺もバイエルンで何年プレイするか分からなかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月12日(金)22時10分配信

元同僚にエールを送る

14日のドイツスーパーカップでドルトムントと対戦するバイエルン・ミュンヘンのフランス人MFフランク・リベリが、古巣へ復帰したドイツ代表MFマリオ・ゲッツェについて言及している。

ここ数年負傷に悩まされている33歳のベテランドリブラーにとって、今季のブンデスリーガは復調をアピールする絶好のチャンスとなる。近年のスーパーカップでは芳しい結果を出せずにいるバイエルンだが、リベリは「ドルトムントと対戦するときは毎度ワクワクさせられている。とてもハイレベルな試合となるからね。彼らとのゲームはいつだってハードだよ。まだ100%のコンディションとはいえないけど、チームはどんなタイトルも逃すつもりはない」と意気込んだ。独『SPORT1』が伝えている。

さらにフランス人MFはこの夏に大きな話題となったゲッツェのドルトムント復帰についても言及した。

「ゲッツェは優秀なフットボーラーだ。プレイする楽しみをまた得られたら良いね。怪我が続いていて、彼にとっては苦しい時期だった。でも大きな可能性を秘めた選手だ。馴染みのクラブに復帰することができて、トゥヘル監督からも信頼されているようだね」

「俺もバイエルンに加入した頃は何年ここでプレイするかは分からなかった。でも今は幸せだ。多くのタイトルに恵まれたし、もちろん悔しい結果に終わったこともある。今後もミュンヘンに残るというのが俺のプランさ。欧州では他のクラブでプレイしたいとは思えない」

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月12日(金)22時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]