ここから本文です

元F1ドライバーのバリチェロがCIK-FIA世界KZカート選手権ファイナルに参戦

オートスポーツweb 8/12(金) 13:00配信

 F1最多出走記録を持つ"鉄人"ことルーベンス・バリチェロが、9月にスウェーデンで開催されるCIK-FIA世界KZカート選手権のファイナルに参戦することが明らかになった。 

バリチェロはF1現役時代にも、シーズンオフにはブラジル国内でカートイベントを開催

 ミッションカートの最高峰として、とてつもないパワーを誇るKZクラスの世界タイトル戦に、バリチェロはビレルARTチームから参戦する。同チームとイベントの組み合わせは2013年に4輪ステップアップ前のマックス・フェルスタッペンが勝利を挙げたパッケージでもある。

 F1経験者としてイベントに参加するのはバリチェロが初めてではなく、その2013年には元トロロッソのハイメ・アルグエルスアリらが参戦している。

「この偉大なチームの一員となるべく、招待を受けたことを光栄に思うよ」と、44歳のバリチェロは笑顔で語る。

「44歳で、カートの世界戦に参加することなんて考えてもいなかったし、この話を子どもたちにしたときには熱狂的に喜んでくれたよ」

「いまは本当にレースすることを楽しみにしている。若い頃にはカートの国際レースにエントリーするチャンスは、ほとんどなかったからね。その大きな夢が叶うんだから! ここまで本当に充実したトレーニングを積んできたし、100%のコミットメントで当日を迎えたい。そう、まるでF1デビューする前日のような感じでね」

 バリチェロはブラジル国内選手権で何度もカートタイトルを獲得したのち、1987年にはジュニア世界選手権を9位で終えている。

 F1で11勝を記録した鉄人は、現在地元で『ストックカー・ブラジル』という人気ツーリングカー選手権に参戦中。2014年にはロータックス・マックスのDD2ワールドファイナルで4位という成績も残している。

「チームにルーベンス・バリチェロを迎えられることは、素晴らしい名誉だ。CIK-FIA世界KZ選手権に向けて、彼を頼りにすることができて非常にうれしい」と語るのは、ビレルARTテクニカルディレクターのジャンルカ・ベッジョ。

「ビレルARTレーシングにとっては素晴らしい経験になるし、我々は彼が素晴らしい週末を過ごせるように、できる限りのことをやると約束するよ」


[オートスポーツweb ]

最終更新:8/12(金) 13:04

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています