ここから本文です

マックスウェル本人登場のスペシャル・イベント開催決定!

Billboard Japan 8月12日(金)15時15分配信

 7年ぶりの最新アルバム『ブラック“サマーズ”ナイト』をリリースし、デビュー20周年にして初となる来日公演も決定しているマックスウェルが、初来日公演前日の8月18日にスペシャル・イベント【A blackSUMMERS’night with Maxwell】を開催することが決定した。

 イベントでは1997年に行われた伝説的なライヴ【MTV Unplugged】(映像は日本未発売)他、貴重なライヴ・パフォーマンス映像を場内スクリーンで上映する。また、本人が登壇するトーク・セッションやサイン会も実施を予定。マックスウェル本人と楽しむ貴重なイベントになりそうだ。

◎イベント概要
【A blackSUMMERS’night with Maxwell】
日時:2016年8月18日(木)  開場19:00 スタート19:15 / 21:30頃終了予定
場所:CONTACT TOKYO(東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビルB2F)
※ドコモショップ隣の駐車場よりお入りいただくと、駐車場エレベーター隣に入り口がございます。

入場無料
※別途1ドリンク代 1,000円
※入場は先着50名様限定となります。混雑の場合は入場をお断りすることがございます。予めご了承ください。

<イベント内容>
・1997年【MTV Unplugged】他、貴重なライヴ映像の上映
・マックスウェル本人を迎えたトーク・セッション
・トークゲスト:高橋芳朗(音楽ジャーナリスト/ラジオ・パーソナリティ)
・サイン会:マックスウェルのアルバム『ブラック”サマーズ“ナイト』(CDまたはアナログ盤)をお持ちの方1名につき1回のみ参加可能。
※パフォーマンスはございません。

◎注意事項
※20歳未満の方はご参加できません。受付にて身分証明書をもって確認をさせていただきます。
※ご来場順に整列していただきますが、受付状況により、ご入場は前後する可能性がございます。
※混雑の場合は入場をお断りすることがございます。予めご了承ください。
※サイン会はマックスウェルのアルバム『ブラック”サマーズ“ナイト』(CDまたはアナログ盤)をお持ちの方1名につき1回のみご参加いただけます。当日はお忘れなくご持参ください。
※イベントの模様を取材・撮影・録音し、後日TV等の各種メディア及びホームページ/SNSなどのオンライン・メディア等への掲載や、商業目的等に、制限なく無償にて使用させていただく場合がございます。予めご了承のうえでご参加ください。
※都合によりイベント時間/内容変更や、やむを得ず中止させていただく場合がございます。なお、万一、これによりご来場者様に損害が発生しましても、当社は一切責任を負いません。
※会場内への飲食物の持ち込みはご遠慮ください。
※ライヴ映像はいかなる機材においても撮影・録音は禁止させていただきます。
※会場内外での事故・盗難等は、主催者・出演者・会場側では一切責任を負いません。
※会場周辺での徹夜などの近隣住民・店舗のご迷惑となる行為は禁止させていただきます。
※他のお客様のご迷惑となる行為、また他のお客様に怪我をさせてしまう可能性のある危険な行為は禁止させていただきます。
※イベント当日は係員の指示に必ず従ってください。係員の指示に従っていただけない場合、イベントへのご参加をお断りすることがございます。また係員の指示に従わずに生じた事故に関しましては、弊店・主催者は一切責任を負いかねます。

◎初来日公演情報
2016年8月19日(金) 新木場 STUDIO CAOST
OPEN 18:00 / START 19:00
1F スタンディング 8,500円(税込・入場時要別途ドリンク代)
バルコニー指定席 10,500円(税込・入場時要別途ドリンク代)
※未就学児入場不可
INFO:クリエイティブマン http://www.creativeman.co.jp/artist/2016/08maxwell/

◎リリース情報
『ブラック“サマーズ”ナイト』
マックスウェル
2016/7/6 RELEASE
2,400円(plus tax)

最終更新:8月12日(金)15時15分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。