ここから本文です

人気アクション『リーサル・ウェポン』第5弾の可能性は?

クランクイン! 8月12日(金)7時0分配信

 米フォックスは、刑事アクション映画『リーサル・ウェポン』シリーズのテレビ版を製作しているが、シリーズ5本目となる映画が製作される可能性は消えていないようだ。海外メディアFox Newsが報じている。

【関連】『リーサル・ウェポン』フォトギャラリー


 同メディアによると、テレビ版で製作総指揮を務めるダン・リンが、テレビ版が製作されていても、『リーサル・ウェポン』の映画第5弾が製作される可能性はあると語ったという。それでも、現状では映画版第5弾の企画は進んでいないようで、「我々には、シリーズをテレビへと拡大させてほしい。今のところ、我々はテレビ・シリーズに100%集中しているんだ」と話したそうだ。

 テレビ批評家協会が行った夏のプレス・ツアーでは、フォックスのテレビグループの共同会長でCEOも務めるダナ・ウォルデンが、報道陣に対して、「リブート版は成功を保証するものではないし、我々はこのことを人々と同様に承知している。我々はシリーズの認知度を活かすことができ、そしてオリジナル版に挑む機会を得た。『リーサル・ウェポン』は、あらゆるレベルで非常に高いハードルを越えなければならない」とコメントしていた。

 一方、ドラマ版に出演するキャストの1人であるジョーダナ・ブリュースターは、映画版と比較してほしくはない様子。彼女はFOX411に対して、「私はメル・ギブソン主演のオリジナル版が大好きだし、レネ・ルッソのことも大好きだから、テレビ版への出演にはとても興奮しているわ。私は、十分な時間が経ったように思うの。多くの人はそれほどシリーズに詳しくないから、できればあまり比較しないでほしいわ」と心の内を明かしている。テレビ版『リーサル・ウェポン』は、9月21日にFOXで放映予定。

最終更新:8月12日(金)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。