ここから本文です

<甲子園>定休日の店を開放し応援 嘉手納勝利で地元商店街は祝杯

沖縄タイムス 8月12日(金)11時0分配信

 嘉手納町の商店街新町通りにある「酒蔵でっち亭」では定休日の店舗を開放し、嘉手納高校のOBや高江洲義之店長(50)の模合仲間、常連客ら約30人が、ビールジョッキや泡盛グラス片手にテレビ観戦。球児に熱い声援を送った。

 二回表、幸地諒承選手が先制タイムリーヒットを放つと大きな拍手と指笛が鳴り響いた。高江洲店長は「幸地君の父親は常連客。私の息子も彼のチームと練習試合をしたことがあり思い入れがある。見事なヒットだった」と喜んだ。

 知人の息子が古謝巧真選手だという会社代表の前川祐伸さん(64)は「比謝川の清流のごとくスムーズに勝利した」と満面の笑みで語り、仲間と祝杯を挙げた。

 普段は交通量や人の往来のある新町通りも、嘉手納の試合中は閑散としていた。

最終更新:8月12日(金)12時15分

沖縄タイムス