ここから本文です

全国最多37度目の夏…北海がサヨナラで22年ぶりの勝利

ベースボールキング 8月12日(金)15時10分配信

第98回 高校野球選手権大会
松山聖陵 1 - 2 北海
<2回戦 8月12日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会6日目。第2試合では、全国最多となる37回目出場の北海(南北海道)と初夏通じて初出場の松山聖陵(愛媛)が対戦した。
  
 北海のエースで4番、そして主将も務める大黒柱の大西健斗(3年)と、松山聖陵の長身196センチのエース・アドゥワ誠(3年)の両右腕の投げ合いとなった一戦は、大西ら昨夏の甲子園経験メンバーを抱える北海がサヨナラ勝ちで制し、1994年以来となる夏の初戦突破を果たした。

 初回に二死満塁の好機を逃した北海は2回、二死からセーフティバントと四球で一、二塁のチャンスをつくると、2番・菅野伸樹(3年)がセンター前に落として先制。

 しかし、3回と4回に二死から得点圏に走者を進めながらも追加点を奪えずにいると、6回に追いつかれる。続く6回裏、ヒットと連続四球で再び二死満塁としたが、4番・大西が空振り三振。またしても絶好の勝ち越しのチャンスを逃した。


 7回、8回も得点圏に走者を出しながら、アドゥワをあと一歩打ち崩せずに1-1が続く。迎えた9回表、その直前の8回裏の打席で左手に死球を受けたばかりの大西が3者連続三振に斬る気迫の投球で、最終回の攻撃へ最高の形でつなぐ。

 このエースの力投に味方が応えた。先頭の6番・川村友斗(2年)がヒットで出塁。その後、二死二塁となったところで鈴木大和(2年)のショートへのゴロがエラーを誘い、二死ながら一、三塁の大チャンス。

 ここで続く小野雄哉(3年)が5球目を叩くと、打球は左中間を破る値千金のサヨナラ打。2-1でサヨナラ勝ちを収め、北海が熱戦を制した。


▼ 北海・平川敦監督
「ヒットが出て得点圏まで進み、自分たちの形ができていたが、あと一本のヒットが出ずに非常に苦しい展開だった。しかし、そこを大西が辛抱強く投げてくれた結果だと思う」

▼ 北海・大西健斗
「投手戦は予想していた。相手が走ったりつないでくる中で、自分がどう抑えるかがカギだと思っていた。相手に流れをやらないよう、死球で手が痛くなっても最後まで投げるんだと気合いを入れた。(サヨナラ勝ちは)去年の苦しい結果があったからここまで来られた」

BASEBALL KING

最終更新:8月12日(金)17時26分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。