ここから本文です

吹奏楽コンクで明洋中が金賞

紀伊民報 8月12日(金)16時45分配信

 第52回和歌山県吹奏楽コンクールがこのほど、和歌山市の県民文化会館で開かれた。紀南からは、田辺市の明洋中学校が中学校小編成部門で金賞・県知事賞を受賞し、3年連続で県代表として、22日に同会館で開かれる関西吹奏楽コンクールへ出場する。

 県吹奏楽連盟、朝日新聞社の主催。中学校小編成部門では20校が自由曲を1曲ずつ演奏し、金、銀、銅の各賞を決めた。金賞7校のうち、県代表に明洋中とかつらぎ町妙寺中学校が選ばれた。

 明洋中は「千の松明 音絵巻~俵藤太大百足退治伝説」を演奏。審査員からは「とても豊かなサウンドで、音楽的にもとても素晴らしい演奏だった」「曲をよく理解していると思った。表現に対する積極性と音楽性は十分!」などと講評があった。

最終更新:8月12日(金)16時45分

紀伊民報