ここから本文です

「地球元気村」が盛況

紀伊民報 8月12日(金)16時45分配信

 和歌山県田辺市鮎川の富田川河川敷「大塔水辺の楽校」を主会場に11日、「大塔地球元気村2016」(実行委員会主催)があり、体験教室のほか、歌や踊り、花火大会など多彩な催しでにぎわった。以前から出演して関わっている、ミュージシャンの古家学さん(41)=白浜町=が大塔地球元気村のテーマソングを発表し、25回の節目を迎えたイベントを盛り上げた。

 体験教室は大塔地域内の各地でカヌーや木工、押し花、熊野古道歩き、陶芸などがあった。

 主会場周辺では子どもを対象にアユのつかみ取りがあったほか、ステージではアマチュアバンドなどの出演に続き、大塔中生徒が司会を務めて紹介しながら、6チームがよさこい踊りやダンスを披露。会場そばの県道でも各チームがパレードをし、観客を魅了した。

最終更新:8月12日(金)16時45分

紀伊民報