ここから本文です

快眠支える製品考案 金沢美大生がデザイン展

北國新聞社 8/12(金) 2:38配信

 金沢美大製品デザイン専攻2年生の作品展「眠りのデザイン展」(本社後援)は11日、尾張町2丁目の柳宗理記念デザイン研究所で始まり、学生30人が考案した製品アイデアが披露された。

 設定された時間が経過すれば振動やアラーム音で起こしてくれる昼寝用の卓上枕やサングラスのほか、布団から出なければアラーム音が止められない、二度寝防止を狙った時計なども紹介され、来場者は学生の豊かな発想を楽しんだ。25日まで。

北國新聞社

最終更新:8/12(金) 2:38

北國新聞社