ここから本文です

レアルがドルトの新星を狙う?…20歳の独代表ヴァイグル獲得に興味

SOCCER KING 8月12日(金)16時30分配信

 レアル・マドリードが、日本代表MF香川真司のドルトムントに所属するドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルの獲得に関心を示している。ドイツ紙『DERWESTEN』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日に伝えている。

 ヴァイグルは1995年生まれの20歳。昨年夏に1860ミュンヘンからドルトムントへ移籍した。昨シーズンはブンデスリーガで30試合に出場。中心選手としてチームを支えた。そして今年5月にはドイツ代表メンバーに初招集。出場機会はなかったが、ユーロ2016のメンバーにも選出された。

 代表初選出を果たした20歳の新星に対し、ドルトムントは契約延長を準備している模様だ。しかし今回の報道によれば、レアル・マドリードがヴァイグルの獲得に関心を示しているという。同クラブはアンカーの役割を担う同選手を獲得することで、ブラジル代表MFカゼミーロの負担を軽減させることができると考えているようだ。

 マンチェスター・Uへの移籍が決まったフランス代表MFポール・ポグバやニューカッスルの同MFムサ・シソコへの関心を報じられていたレアル・マドリード。中盤の補強に動いていると見られる中、新たにヴァイグルがターゲットとして報じられた。移籍実現なるか、今後の動向に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:8月12日(金)16時30分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]