ここから本文です

アルゼンチン新指揮官、引退示唆のメッシと会合…代表復帰には触れず

SOCCER KING 8/12(金) 12:28配信

 アルゼンチン代表の指揮官に今月1日に就任した、エドガルド・バウサ監督がバルセロナに所属する同代表FWリオネル・メッシ、同DFハビエル・マスチェラーノと会合を行ったようだ。11日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同紙によると、バウサ監督がバルセロナの練習場を訪問し、1時間ほど滞在。代表引退を示唆したメッシの引き留めのために訪れたと考えられていたが、サッカーについての話をしただけのようだ。

 バウサ監督は「我々は復帰の問題については話していない。サッカーの話をしただけだよ」と、会話の内容を説明した。

 アルゼンチン代表は9月にロシア・ワールドカップ南米予選の2試合を迎える。同1日にホームでウルグアイ代表と、同6日に敵地でベネズエラ代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8/12(金) 12:28

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています