ここから本文です

宿敵レアルの優勝を祝う投稿に「いいね」…バルサMF、ツイッターで話題に

SOCCER KING 8月12日(金)16時37分配信

 バルセロナに所属するトルコ代表MFアルダ・トゥランが、ツイッター(https://twitter.com/ArdaTuran)にてレアル・マドリードの優勝を祝う投稿に「いいね」を押したことが話題となっている。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が11日に報じた。

 報道によると、9日にレアル・マドリードのファンと見られるアカウントから投稿したツイートに、アルダが「いいね」ボタンを押した。同機能はツイートを「お気に入り」登録するもの。登録されたツイートは、ユーザーのプロフィールから閲覧することができる。

 今回、アルダのリアクションが話題となっているのは、対象の投稿がレアル・マドリードのチャンピオンズリーグ制覇を祝うものだったからだ。昨シーズン、通算11回目の同大会制覇を成し遂げた同クラブ。「11回目の優勝」を示すワッペンが新ユニフォームの袖に縫い付けられている写真が添付された投稿、つまりバルセロナにとっては“ライバルの優勝を祝う”ツイートにアルダが「いいね」を押してしまった形となった。

 ツイッター上では操作を誤って「いいね」を押すことも少なくないため、アルダも意図しない形で「お気に入り」登録をしてしまった可能性が高いと見られており、同紙も「意図したものかどうかはわからないが」と前置きしつつ、「SNS上で話題の的となってしまっている」とアルダについて伝えていた。

 日本時間12日16時過ぎまで、アルダの「いいね」は取り消されておらず、本人は気が付いていないものだと見られていた。しかし同選手は12日16時16分にツイートを更新。トルコ語で「2日前から、このアカウントは悪意のある攻撃を受けていた」とアカウントの“乗っ取り”をされていたことを明かし、「すぐに(アカウントを)取り戻し、セキュリティーを強化した」と釈明している。同選手はさらに英語でもツイートし、「2日前、短期間だけアカウントを乗っ取られていた。その間のリツイートと2つの“いいね”は自分の認識しないところで行われたものだ」と綴っている。

SOCCER KING

最終更新:8月12日(金)16時40分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]