ここから本文です

好調横浜FC、DF西河翔吾のスーパークリアが首位撃破決定づける「体が反応した」

ゲキサカ 8月12日(金)11時33分配信

[8.11 J2第28節 横浜FC1-0札幌 ニッパツ]

 スーパークリアが横浜FCの勝利を決定づけた。1点リードで迎えた後半35分、FKのピンチからFW都倉賢にヘディングシュートを許す。するとボールはGKの頭上を越えて、ゴール方向へと向かっていった。

 しかしそこで諦めずに走り込んだのが、DF西河翔吾だった。懸命に体を伸ばして頭に当てて、ボールを枠外へとかき出した。「いつもボールが越えたら、ゴールカバーに入るという意識を持ってやってきた。体が反応した」。3連勝とチームの雰囲気が出させたプレーだったのかとの問いには、「みんなが勝ちに向かっていく中で、ああいうプレーが出た。そういう所が出たのはあるかもしれない」と笑顔を見せた。

 チームとして2年ぶりの3連勝、負けなしは6戦に伸びた。その間の勝利は、岡山、千葉、C大阪、札幌の上位を戦う実力派チームと価値も大きい。西河は岡山戦が転機になったと語る。「岡山戦から前線から守備をして、前からアグレッシブに行こうという話をして結果が出た。それ以降はそれをベースにしていこうという話をしています。そこから負けていないので、今は戦いかたがはまってきていると思います」と好調の要因を明かした。

 勝ち点を37に伸ばしたことで、順位は10位に浮上した。プレーオフ圏内との勝ち点差は10だが、残り15試合ということを考えれば、十分に射程圏とも言える。「PO圏内?まだまだ」と苦笑いを浮かべた背番号5は、「みんながどれだけ意識しているかは分からないですけど、個人的にはあまり順位は気にしていない。一つずつやってやろうと思っている。結果的にPOに行ければいい。6位を目指すんじゃなくて、5位を目指さないといけない。ギリギリではダメ。5位に入るイメージでやっていきたい」と気合を入れ直した。

最終更新:8月12日(金)11時33分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]