ここから本文です

2年半の活動に終止符…MF原川「このメンバーでもっとサッカーをしたかった」

ゲキサカ 8月12日(金)12時20分配信

[8.10 リオデジャネイロ五輪 B組第3節 日本 1-0 スウェーデン サルバドル]

 チーム発足当初からメンバーに選出され、2年半の活動のほとんどに参加してきたMF原川力(川崎F)。手倉森ジャパンのラストマッチとなったリオデジャネイロ五輪グループリーグ第3節スウェーデン戦では1-0の完封勝利を収めながらも、他会場の結果によって決勝トーナメント進出を果たせずに「残念です」と声を振り絞った。

 初戦ナイジェリア戦に先発出場を果たしたが、チームは4-5で敗れて黒星スタートを切ることになった。この敗戦が痛かったと原川は振り返る。「初戦がすべてやなという印象を改めて受けるし、短期決戦での初戦の大事さというのは、最終予選で分かっていたつもりですが、またそれを肌で感じさせられました」。

 思い入れのあるチームだった――。所属クラブでなかなか出場機会を得られない中でも招集をしてもらったからこそ、「いろいろなものを与えられてもらった。感謝という気持ちは大きい」と話す。そして、「本当に一人ひとりが思い入れのあるチームだと思う。予選や五輪だけでなく、いろいろなものを経験してきたので、このメンバーでもっとサッカーをしたかったですね」と2年半の活動を振り返った。

 しかし、サッカー選手としての道は続いており、ここで立ち止まるわけにはいかない。「自分たち次第でどこまでも行けると思うので、努力し続けたい」と胸を張って答えた。

最終更新:8月12日(金)12時20分

ゲキサカ