ここから本文です

【個別銘柄】DeNA活況、日ペイH急伸、アルバックやネクソン急落

Bloomberg 8月12日(金)11時40分配信

12日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は以下の通り。

ディー・エヌ・エー(2432):前営業日比10%高の2935円で東証1部売買代金上位。4-6月期営業利益は前年同期比84%増の73億5400万円となり、4-9月期営業利益予想は32%増の150億円と開示。4-6月期はアプリのコイン消費量が国内で72%増加し、スポーツ事業も貢献した。野村証券では4-6月期は会社計画をやや上回る堅調な決算としたうえで、中長期戦略での「国内既存事業の安定運営」にめどがつき、底堅さが見えてきた印象と評価。7-9月期計画は4-6月期からほぼトレンドは変わらないとの見方を示した。

日本ペイントホールディングス(4612):7.3%高の3325円。4-6月期営業利益は前年同期比31%増の170億円だった。SMBC日興証券では日本とアジアを中心に原価低減効果が顕在化して利益水準を押し上げており、第1四半期営業利益は同証予想(130億円)を上回りポジティブだと評価。数量成長と原価低減でシェアアップと収益力向上の両立が可能と予想した。

ケネディクス(4321):9.9%高の456円。1-6月期営業利益は前年同期比9.2%増の63億6400万円だった。2016年12月通期計画93億円に対する進捗(しんちょく)率は68%。発行済み株式総数の4.5%を上限に12日から自社株買いも行う。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、上期決算は同証予想以上で、1-3月期の48%減益から挽回したと分析。系列REITの受託資産残高拡大や優良不動産の投資が進んでおり、下期以降も利益上積みは可能と予想した。

アルバック(6728):11%安の2757円。17年6月期営業利益見通しは前期比0.8%増の180億円と、市場予想の232億円を下回った。野村証券では投資判断を「買い」から「中立」に引き下げた。FPD製造装置受注にピークアウト感が出ており半導体製造装置はNVM用の投資時期が遅れていると指摘した。

1/4ページ

最終更新:8月12日(金)15時28分

Bloomberg