ここから本文です

【シネマ羅針盤】映画化決定のザ・イエロー・モンキー なぜ“再結成”ではなく“再集結”なのか?

cinemacafe.net 8月13日(土)12時30分配信

今年1月に復活した人気ロックバンド「ザ・イエロー・モンキー」のドキュメンタリー映画が2017年に公開される。横浜アリーナで開催された全国ツアーの追加公演「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -YOKOHAMA SPECIAL-」の2日目にあたる8月3日(水)、同会場で発表され、情報解禁となった。

【画像】「ザ・イエロー・モンキー」アリーナツアー

現在、バンドは5月に始まった全国アリーナツアーを敢行中。8月には横アリでの追加公演や夏フェスへの参戦、さらに復興支援を目的とした福島での特別公演を行い、9月10日(土)、11日(日)の北海道公演でファイナルを迎える。本ツアー中、ボーカルの吉井和哉が何度となく活動の継続を宣言。その言葉通り、11月からは全国ホールツアーが決定し、長い眠りから覚めたバンドは、さらなる興奮と熱狂、希望と祝福を各地にもたらすはずだ。

さる8月2日(火)、「YOKOHAMA SPECIAL」1日目の公演をセンター3列目で堪能する幸運を得た。彼らのライブを観るのは、解散前の実質的なラスト公演となった2001年1月の東京ドーム以来。「15年ぶりにライブを観る」なんて、日本のアーティストでは初の経験で、公演当日から早1週間経ったいまも、余韻から抜け出せず、味わった感動をうまく言葉で表現できないほどだ。ただ、少し不思議に思っていた疑問の答えは知ることができた。

なぜ“再結成”ではなく、“再集結”なのか? バンド復活の第一報から、雑誌のインタビューやTV出演でのコメントなど、メンバーは“再集結”という言葉にこだわっているように見えた。そして、バンドを間近で目撃し感じたのは「ザ・イエロー・モンキーを再結成するために、4人が顔を揃えた」のではなく、「4人が再集結した結果、ザ・イエロー・モンキーが再生した」という確かな事実。この違いはファンにとっても、大きな意味がある。

かつての栄光をコピペする再結成ツアーも悪くはないが、吉井をはじめ、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二(ツアーにはサポートメンバーとして鶴谷崇が参加)という解散後も心のどこかで「ザ・イエロー・モンキーであり続けた」彼らが再集結することで、バンドは未知なる領域へ踏み出す決意を示した。だからこそ、ツアータイトルに“SUPER”の文字が刻まれ、サイヤ人のごとく彼らは「THE YELLOW MONKEY SUPER」への羽根を広げる。

そのドラマティックな過程に迫る媒体として、ドキュメンタリー映画ほどふさわしいものはない。メガホンをとる松永大司監督は、気鋭の現代アーティストであるピュ~ぴるのドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』や、「RADWIMPS」の野田洋次郎を主演に迎えた長編劇映画『トイレのピエタ』などで高い評価を得ており、本作にうってつけのクリエーターだ。バンドにどう切り込み、いかに刺激的な化学反応を生み出してくれるか期待したい。

最終更新:8月13日(土)12時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。