ここから本文です

<鈴木保奈美>見どころは「今のトレンドを押さえたキャリアファッション」

毎日キレイ 8/13(土) 17:00配信

 女優の鈴木保奈美さんが18年ぶりに連ドラ主演した「ノンママ白書」(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜午後11時40分~)が13日にスタートする。同ドラマは東海テレビの「オトナの土ドラ」枠の3作目。鈴木さんが演じる土井玲子はアラフィフのバツイチ子無し、中堅広告代理店のクリエーティブ畑の女性管理職。玲子は菊池桃子さんが演じる同期で人事部の未婚女性、大野愛美や渡辺真起子さん演じる既婚・子無しのフリーライター、葉山佳代子とアラフィフ女性の本音満載のトークを繰り広げる。撮影が進む中、「今までにないドラマをお届けできると思います」と手ごたえを感じている様子の鈴木さんに、ドラマのファッションや自身のこだわりについて聞いた。

【写真特集】お仕事ファッションとは? 保奈美さんのカッコいい全身カット

 ◇シワもたるみも涙もさらけ出して

 鈴木さんは同ドラマの見どころを「アラフィフの3人が、シワもたるみも涙もさらけ出してジタバタするところですね。カッコつけても仕方ないので、全部見てくださいという感じです」と笑顔で語る。

 さらに「台本的に結構ズバズバしゃべっていますし。それをどう私達が演じていくか。あまりオブラートに包んでも仕方ないし、キラキラのフォーカスをかけてもしょうがないので。結構ぶっちゃけていくしかないのかな」とさらけ出す覚悟でいる。

 そうすることに対して怖くはないかと聞くと「昔よりは、見てくださっているいる方がどんな気持ちになるんだろうって想像する余地が少しできたので、どう思うんだろう、どう受け止められるんだろうということは考えますが、このドラマをやると決めた以上、一度スタジオに入ったら、そこで微調整しても仕方がないので、私達は思い切りやるだけ。あとは、そのあとの作業で調節していただければいいことなので」と現場では思い切り演じるようにしている。

 ◇自身のファッションのこだわりは?

 劇中に登場するファッションも見どころの一つだ。鈴木さんは「今のトレンドも押さえていて、自分も周囲の人も楽しませる、見ていて真似したいな思っていただけるようなファッションにしたいと思っています。服以外にも装飾やバッグなどもこだわっているんですよ」とこだわりを見せている。

1/3ページ

最終更新:8/13(土) 17:00

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]