ここから本文です

山崎まさよし、湊かなえ原作ドラマ「望郷」主題歌を書き下ろし

音楽ナタリー 8月13日(土)7時0分配信

山崎まさよしがテレビ東京系ドラマスペシャル「望郷」の主題歌を担当することが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「望郷」は湊かなえ原作のミステリー小説をドラマ化したもので、広末涼子が主演を務める「みかんの花」、伊藤淳史主演の「海の星」、濱田岳主演の「雲の糸」という3編で構成される。山崎は原作を愛読しており、この作品に新曲「光源」を書き下ろした。山崎は「望郷」および「光源」について「僕は瀬戸内の山口から出てきたので、『雲の糸』のシチュエーションがすごくオーバーラップしたんです。小説の中ほどせっぱつまった感じではなかったのですが、ただ、自分の経験と(濱田くんが)演じられた役柄が折り重なって、想いのまま感じたままを書きました」とコメントしている。

また山崎が「雲の糸」に出演することもアナウンスされた。山崎は濱田扮する人気歌手の先輩役を演じる。山崎がドラマに出演するのは6年ぶりのこと。劇中では濱田が「光源」を「空の果て」とタイトルを変えて歌唱する場面もある。なおドラマの放送日は未定。続報にも注目しておこう。

さらに山崎のニューシングル「君の名前」が9月28日にリリースされることが決定した。シングルには「光源」も収録される。

最終更新:8月13日(土)7時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。