ここから本文です

ネイサン・サイクスのソロ・デビュー作にベイビーフェイス、アリアナ・グランデ、G・イージーら参加

bmr.jp 8月13日(土)19時40分配信

ネイサン・サイクスのソロ・デビュー作にベイビーフェイス、アリアナ・グランデ、G・イージーら参加

ネイサン・サイクスのソロ・デビュー作にベイビーフェイス、アリアナ・グランデ、G・イージーら参加

英人気ボーイズ・グループ、ザ・ウォンテッドの最年少メンバーで、いち早くソロ・アーティストとして活躍しているネイサン・サイクスが、ついにソロ・デビュー・アルバム『Unfinished Business』を11月にリリースする。

音楽教師の母を持ち、妹も歌手というネイサン・サイクスは、父の影響でモータウンなどのR&Bやソウル・ミュージックを、母の影響でビッグバンド・ジャズなどを聴いて育ったという。6歳から歌い始めたという彼は、11歳の時には子供番組に出演したり、『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』ジュニア版の英国大会で3位となるなど早くから活動をスタート。2009年に最年少16歳でザ・ウォンテッドのメンバーに選ばれ、ザ・ウォンテッドは全英ヒットを数々連発。また2011年の“Glad You Came”は全米チャートでも最高3位のヒットとなるなどザ・ウォンテッドは世界的に活躍し、ネイサンも一躍スターの仲間入りを果たした。

2013年には、当時交際していたアリアナ・グランデのソウル色のあるバラード“Almost Is Never Enough”にデュエット相手として参加して話題になった。翌年にザ・ウォンテッドが活動休止を発表したのを経て、2015年3月にレトロ・ソウル風の“More Than You'll Ever Know”を公開し、ソロ活動を本格的にスタート。同年6月には、正式なソロ・デビュー・シングル“Kiss Me Quick”を発売した。クリス・ブラウンの2012年ヒット“Turn Up The Music”に関わったほか、『glee/グリー』のアレックス・ニューウェルを始め、SHINee、EXO、Red VelvetといったK POPアイドルのヒットを数々プロデュースしているロンドン・ノイズらが手がけた“Kiss Me Quick”は、2000年代前半のR&Bを思わせるサウンドでザ・ウォンテッドとは異なる新たな魅力を打ち出し、高く評価された。

さらに昨年10月には、“Almost Is Never Enough”や“The Way”、“Right There”など初期アリアナ・グランデ楽曲のプロデューサーとしても知られるハーモニー・サミュエルズ制作による“Over And Over Again”を発表し、全英チャート最高8位のヒットに。そして今年に入ると、“Over And Over Again”のアリアナ・グランデ参加バージョンを発表したのに続き、人気白人ラッパー、G・イージーとの“Give It Up”をリリース。クリス・ブラウン“Zero”やドレイク“Pound Cake”などを手がけたマシュー・バーネットらによるプロデュースのこの曲は、サビでブラックストリートの名曲“Don't Leave Me”を引用しており、さらなる注目を集めている。

そしてついに、ソロ・アルバムの発売が決定。『Unfinished Business』と題されたデビュー作は、11月4日の発売となった。iTunes Storeなどでの予約もスタートし、公開されたトラックリストによると、“More Than You'll Ever Know”から最新シングル“Give It Up”までを全て網羅する全16曲を収録(通常盤は12曲)。“Over And Over Again”以外にも“Twist”、“Famous”などをハーモニー・サミュエルズが手がけているほか、2014年の時点で、数々のナンバーワン・ヒット、グラミー授賞曲を生んだ名プロデューサーのベイビーフェイスが彼に楽曲提供していることを明らかにしている。また、昨年の米Rolling Stone誌のインタビューによると、数々の名バラードを生んだことで有名なダイアン・ウォーレンが、珍しく「アップテンポでファンキー」な楽曲を提供したとか。

ハーモニー・サミュエルズは、『Unfinished Business』のエグゼクティヴ・プロデューサーも務めると報じられており、同様にハーモニーがエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、ベイビーフェイスも参加していたアリアナ・グランデのデビュー作『Yours Truly』のようなポップR&B路線となりそうだ。

1. Good Things Come To Those Who Wait
2. Kiss Me Quick
3. Money
4. Freedom
5. Twist
6. I Can't Be Mad
7. There's Only One Of You
8. Famous
9. Give It Up (feat. G-Eazy)
10. More Than You'll Ever Know
11. Over And Over Again
12. I'll Remember You

[deluxe edition]
13. Tears In The Rain
14. Over And Over Again (feat. Ariana Grande)
15. Taken
16. Burn Me Down

最終更新:8月13日(土)19時40分

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。