ここから本文です

鳳凰殿、幻想の明かり 倶利迦羅不動寺で15日に万灯会

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8/13(土) 10:51配信

 小矢部市と石川県津幡町の境にある倶利迦羅不動寺の鳳凰殿(同町竹橋)で15日開かれる万灯会(まんとうえ)の試験点灯が12日行われ、約200本のろうそくの明かりが境内を幻想的に彩った。当日は約7000本をともし、池では灯籠を流す。

 万灯会は今までの罪を悔い改め、受けてきた恩や縁に報いるため多くの灯明をともして供養する行事。2000人近くの参詣者が見込まれる。

 鳳凰殿の階段などに置いたろうそくをともし、大心池に灯籠を浮かべた。温かみのある明かりが境内を照らした。

 15日は午後6時に点灯を始め、同7時から法要、同8時から灯籠流しを行う。同6時と同8時20分に二胡演奏がある。ことしから町観光協会を加えた実行委員会主催となった。問い合わせは鳳凰殿、電話076(288)1828。

最終更新:8/13(土) 10:51

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ