ここから本文です

ロック様の怒り爆発!共演者をボロクソにこきおろす

Movie Walker 8/13(土) 6:27配信

ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが、Facebookで『ワイルド・スピード』シリーズ8作目の共演者たちをボロクソにこきおろしている。同作の撮影で終盤を迎えているドウェインは、「もうすぐ終わるんだからもう言い放題だ」とでも言わんばかりに共演者たちへの怒りを爆発させている。

【写真を見る】ドウェインの怒りの矛先とネット上で噂されているスコット・イーストウッド

「今週で『ワイルド・スピード8』の撮影が終わる。この作品ほど俺の血を煮えたぎらせる映画はなかった。クルーは一生懸命に働くし、ユニバーサル・スタジオも僕の素晴らしいパートナーだ。女性の共演者も素晴らしいし、僕は彼女たちが大好きだ。だが男性共演者となると話は違う。本物のプロもいるけど、そうじゃない奴らもいる。怯えて何もしようとしないクソみたいな奴らだ。臆病者。4月に映画を見て、これは演技じゃないんじゃないかと思えるシーンがあったとしたら、その通りだ。俺は本当に怒っていたんだ」とドウェインはFacebookに書いていると英紙デイリー・メールが伝えている。

これを受け、ネットではドウェインがどの共演者のことを言っているのかについてツイートが殺到している。同作に出演している顔ぶれは、ヴィン・ディーゼル、ジェイソン・ステイサム、スコット・イーストウッドらだ。

ネット上はスコットではないかという声が多く、スコットは同作の撮影現場で、撮影が終わると共演者が各自のトレイラーに引っ込んでしまうことに言及し、「父親であるクリント・イーストウッドは、撮影が終わり出演者が自分のトレイラーにすぐ戻るような撮影現場では良い映画は作れないと語っていた」と批判したばかりだった。

「いい人で有名なドウェインがここまで怒るんだから、相当ひどいことがあったに違いない」「何があってもロック様についていく」「スコット・イーストウッドがロック様を怒らせたんだと思う」「そんなことより、スコットがホット過ぎる」などの読者コメントが同紙サイトには寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:8/13(土) 6:27

Movie Walker