ここから本文です

元ベイビーギャングりんたろー 活動再開&改名へ

デイリースポーツ 8月13日(土)6時0分配信

 元お笑いコンビ・ベイビーギャングのりんたろー(30)が、9月3日に開催されるライブで芸能活動を再開し、改名することが12日、分かった。

【写真】まさかこうなるとは…ベイビーギャング時代の2人

 相方だった北見寛明被告(33)が、今年4月に執行猶予中の無免許運転で有罪判決を受け、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーを解雇された。りんたろーも北見被告の裁判に情状証人として出廷しながら、事務所にその事実を伏せていたことなどから、北見の解雇後は自主的に芸能活動を自粛し、謹慎していた。

 コンビ解散後の活動も当初は未定とされていたが、9月3日に東京・阿佐ヶ谷ロフトで行われるお笑いライブ「ALL NIGHT PARTYHALL」での復帰が決定。所属事務所によると、今後はピン芸人として活動し、同ライブ中に改名を発表する。

 元相方の北見被告は、懲役4月の実刑となった東京地裁の判決を不服として、5月10日付で東京高裁に控訴している。

最終更新:8月13日(土)10時22分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。