ここから本文です

「13日の金曜日」シリーズ通算13作目に「クレイジーズ」B・アイズナー監督

映画.com 8月13日(土)11時30分配信

 [映画.com ニュース] 米パラマウント・ピクチャーズが大ヒットホラー「13日の金曜日」シリーズをリブートする最新作の監督として、「クレイジーズ」「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」のブレック・アイズナーが交渉中だと米Deadlineが報じている。

 「13日の金曜日」は、1980年の第1作以降、スピンオフ「フレディVSジェイソン」とリメイク版を含め、これまでに12作品が製作されており、新作は通算13作目ということになる。2009年のリメイク版「13日の金曜日(2009)」同様、マイケル・ベイとその製作会社プラチナム・デューンズがプロデュースする。

 本プロジェクトは約2年前に立ち上がり、一度は監督に「V/H/S シンドローム」のデビッド・ブルックナーが決定していた。また脚本にも、「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキやドラマシリーズ「ハンニバル」のニック・アントスカらがこれまで関わってきたが、なかなか本格的な始動には至らないのが現状だ。

 なお、アイズナーの父親は、ウォルト・ディズニーのCEOも務めた大物プロデューサーのマイケル・アイズナー。「13日の金曜日」シリーズが大ヒットを飛ばしていた時代には、パラマウントのトップを務めていたという縁がある。

最終更新:8月13日(土)11時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。