ここから本文です

芸能界“最凶”の2人がユニット結成で始動へ

リアルライブ 8/13(土) 15:40配信

 元KAT-TUNのメンバーで歌手の赤西仁と俳優の山田孝之がユニット「JINTAKA」を結成し、9月21日にシングル「Choo Choo SHITAIN」でCDデビューすることを、このほど2人がそろって自身のSNSなどを通じて発表した。

 デビュー曲となる「Choo Choo SHITAIN」は、作詞作曲を赤西と山田で共作。2人がそれぞれのSNSで今年4月1日のエイプリールフールに「本日発売デビューシングル」などデビューシングルのタイトルを投稿しており、当初は冗談だったようだが、実現された形になった。

 赤西はツイッターで「この度、私赤西仁は僭越ながら、私欲の都合により山田の孝之とChoo Chooする事を決意致しました」とコメント。山田もインスタグラムで「後悔はしていない。だって、だってchoochooしたかったんだもん」と、ちゃめっ気たっぷりにコメントしている。

 「以前から2人は親交があったが、赤西率いる『赤西軍団』から事務所に赤西との接触NGを命じられた錦戸亮、山下智久のジャニーズ勢が離脱。そんな事情もあり、さらに2人の関係が深まってユニットデビューに至ったようだ。今後は、夜の街で2人を見かける機会が増えそう」(芸能記者)

 赤西といえば、KAT-TUN時代の度重なる問題行動で同グループを離脱。その後、女優の黒木メイサとの“デキちゃった結婚”が原因で事実上、ジャニーズをクビになった。

 一方、山田は06年に元交際相手との間に隠し子がいることが発覚。「それまでは、撮影現場で何かにおびえているような感じだったが、発覚後はふっ切れたように堂々と演技ができるようになった」(映画関係者)。

 型破りな2人が“最凶”ともいえるユニットを結成しただけに、音楽界を席巻しそうだ。

最終更新:8/13(土) 15:40

リアルライブ

なぜ今? 首相主導の働き方改革