ここから本文です

韓国がアーチェリー全4種目を制覇=リオ第8日

聯合ニュース 8月13日(土)8時11分配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】リオデジャネイロ五輪は第8日の12日、アーチェリー男子個人でク・ボンチャンが優勝し、韓国勢6個目の金メダルを獲得した。

 アーチェリー男子個人決勝で、クは7―3でフランスのジャン・シャルル・ヴァラドンを破り、団体と合わせて今大会2冠を達成した。

 韓国アーチェリーはこれで男女の団体、個人の全4種目を制覇し、五輪史上初の快挙を成し遂げた。

 射撃では男子ライフル伏射の金宗玄(キム・ジョンヒョン)が銀メダルを手にした。序盤から安定した射撃で上位を維持した金は終盤に3位から2位に逆転を決めた。

 112年ぶりに五輪競技に復帰したゴルフは男子の第2ラウンドが行われ、安秉勲(アン・ビョンフン)が72で回り、通算2アンダーで18位タイだった。6位タイとは3打差でメダル獲得の可能性はまだ残っている。

 柔道は男子100キロ超級の金成民(キム・ソンミン)、女子78キロ超級の金ミン程(キム・ミンジョン)がいずれも予選落ちした。韓国は今大会、柔道で銀メダル2個、銅メダル1個の獲得にとどまり、不振な成績で終わった。

 13日午前7時(日本時間)現在、韓国のメダル獲得数は金6、銀3、銅4で、国・地域別6位。

 一方、北朝鮮は、重量挙げ女子75キロ級のリム・ジョンシムが優勝。今大会で北朝鮮勢初の金メダルを獲得した。メダル数は金1、銀2、銅2と、国・地域別で20位につけた。

最終更新:8月13日(土)8時14分

聯合ニュース