ここから本文です

虫を見ると思い出す? 母が息子に送ったLINEがホッコリする

ITmedia Mobile 8月13日(土)6時10分配信

 家族との面白いLINEのやり取りを紹介する連載「ここがヘンだよ!親LINE」。これまで、足を自撮りするお父さんや、謎の白飛び画像を送るお母さん、爆運ぶりを披露する母、LINEスタンプへの愛情が止まらない母、送った写真に斜め上の反応をする母、メシテロができない母、絶妙な言い間違いをする母、LINEのメッセージがかわいい母、野菜ジュースを送りまくる母、「とにかく鈴木すぎる鈴木家LINE」、猫をめでまくる母、慌てすぎな母、絶対BBQと言えない父、シュールすぎる母からの贈り物、テキトーに予測変換する姉などを紹介しました。

【虫と息子の関係とは?】

 今回は20代男性からの投稿です。虫で息子を思い出す母を投稿してくれました。

●連載:ここがヘンだよ!親LINE

スマホやLINEに不慣れな両親から来るメッセージ。ときに笑い、ときにほっこりする親子のやり取りを連載で紹介します。

●虫で息子を思い出す母

 投稿者さんが1人暮らしを始めて1年ほどたった頃、母からLINEで虫の写真が送られてきたとのこと。投稿者さんが実家にいるときに使っていた部屋に出没していたことから、彼の名前を虫に名付けてしまい、どうしても殺すことができなかったのだとか。ほっこりする親子のエピソードでした。

●お知らせ

あなたの両親・祖父母から送られてきた面白LINEやメールなどを募集しています。

最終更新:8月13日(土)6時10分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]